新日本フィルの武満徹2017/01/26 23:07

新日本フィルハーモニー交響楽団による武満徹の作品を聴いた。場所はサントリーホール、指揮は井上道義。
ジェイド

シャンソン「聞かせてよ愛の言葉を」は、蓄音機で再生された。本当に電気を使っていないということが信じられないほど、済んで直接感じることができた。否、電気を使っていないからかもしれない。

「死んだ男の残したものは」は、 武満が残した作品の中で私が最初に聴いたものだ。 いつかというと、私が小学校4年生のときである。 担任の Y 先生は音楽の時間になると (音楽の時間以外でも時間割を無視して) フォークギターで弾き語りをした。 高石ともやの「受験生ブルース」とか、 ザ・フォーク・クルセダーズの「イムジン河」とか、 今となっては考えられないほど自由な時間で、 その中に谷川俊太郎作詞、武満徹作曲のこの歌があった。 この場で久しぶりに聞いて、当時のことを思い出した。 前半は <死んだ***の残したものは……他には何も残(さ|せ)なかった……>の変奏である。 括弧内、 正規表現の[さ]から[せ]の転換を Y 先生から教えてもらった時の寒気が、このとき蘇った。 歌は大竹しのぶで、想いがこもっていてしかも自然に感じられた。

2つのレント(抜粋)とリタニは、ピアノ独奏曲である。 リタニは2つのレントの改作ということを初めて聞いた。 私の中では、2つのレントのほうが有名で、 それはある評論家の「音楽以前」という誹謗ゆえであり、 音楽そのものはほとんど知らなかった。 2つのレントとリタニを聴き比べてみると、 抜粋部分だけでいえば、「レント」のほうがとんがっていた、 という印象を受けた。 それは若書きだということでの偏見でないといいのだが。 リタニのほうはというと、 ドビュッシーが当時生きていたらこんな音楽を書いたのではないか、 というほど似ていた。

次は、弦楽のためのレクイエムである。 私にはこの曲が一番合っていた。というのも、 私が弦楽合奏団に長くいたことで、 弦楽合奏という形態になじんでいたからである。

さて、井上道義は武満についてこう解説していた。 彼の気分や作品は両端に荷物をぶらさげた天秤棒のようなもので、 憂きほうに作用するときもあれば、 反対の喜びに作用することもある、と。 最近物覚えが悪くなったので以上のことばは不正確だが、 大意はこのようなものだ。 そして、弦楽のためのレクイエムが一方の憂きほうなら、 次のグリーンはその反対にあるものだという。 そして井上の次のことばには驚いた。 当時の武満は、 ノヴェンバー・ステップスとグリーンを並行して作曲していたが、 ノヴェンバー・ステップスはあまり好きではない、 と武満はいっていたそうだ。 井上は、 ノヴェンバー・ステップスとグリーンは両天秤ではないか、 という。 さて、俺の感想はといえば、まあ、たしかに明るい。 しかし、その明るさがどのようなものかを表現する力は、俺にはない。

休憩20分のあと、カトレーン(オ-ケストラ版)が演奏された。 バイオリン、チェロ、クラリネット、 ピアノを独奏楽器群としたオーケストラ曲である。 こちらは、クラリネットという管楽器、バイオリンとチェロという弦楽器、 ピアノという鍵盤楽器のそれぞれの空気感が、 これほどまでに異質なものだとは思わなかったという驚きだった。 クラリネットは直接耳に来るが、2つの弦楽器は空気全体から聞こえる。 ピアノは、 複数の指向性の強いスピーカーがあちこちで反響した結果として届いていた (これは唸りを生じているということではない)。 さて作品として何を感じたかということについてだが、 語るべきことばを私には持たない。

事実上の最後として、「鳥は星形の庭に降りる」が奏された。 解説で井上道義が、岩城宏之から聞いた話を紹介していた。 岩城はオーストラリアのメルボルンでこの曲を演奏したが、 英語の A Flock はオーストラリアでは羊の一群のことを指すので、 オーストラリア人にはイメージがわかなかったとのこと。 題名も苦労するものである。 そして井上は、「カトレーン」とこの曲は決めが凄い、 と絶賛していた。この意味がわからなかったが、 たしかに、「カトレーン」とこの「鳥は……」は、 終わり方に心を動かされた。 そういうバイアスが井上によってかけられたからかもしれないが、 それはそれでよかったと思っている。

さきほど「事実上の最後」と書いたが、 これはプログラムの残り2曲はアンコール相当なので、 と井上が言ったことによる。

訓練と休息の音楽 −『ホゼー・トレス』より − と、 ワルツ −『他人の顔』より−は2つとも、 <3つの映画音楽>という弦楽オーケストラのための作品である。 弦楽でも凝ったことができるのだという、 稚拙な鑑賞態度はいけませんね。

最後のワルツは、 最近気になっているナポリの六度が効果的に用いられている。 そういえば蓄音機の次に紹介された最初の歌 「死んだ男の残したものは」の編曲も、 メロディーの最後にナポリの六度を使っていた。 そこまで考えてのことなのだろうか。

TISインテックグループ楽友会 第3回演奏会2017/01/08 23:59

TISインテックグループ楽友会による第3回演奏会が、 北とぴあのさくらホールで開かれた。 私は第1部の吹奏楽を聴いた。 第2部の管弦楽では舞台に乗った。お越しになった方々に感謝する。

第1部の吹奏楽は、 昨年この楽友会が初めて吹奏楽コンクールに出た時の課題曲と自由曲から始まった。 そして、アフリカンシンフォニー、シング・シング・シングと続き、 伝説のアニメメドレーで締めくくった。
私は楽友会の会員であり、第2部に出るということもあるので、 客席ではなく楽屋のモニターから見聞きしていた。 吹奏楽は、管弦楽より派手でかっこいい。そこをうらやましく思った。 もっとも、吹奏楽の人たちは、 管弦楽でやってみたいという人も多いだろう。

第2部は私がチェロで舞台に出た。「こうもり」序曲、 ダッタン人の踊り、組曲「眠りの森の美女」という、 クラシック好きには知られている曲である。 チェロの出来は他の人はともかく、私はまだまだであった。 眠りの森の美女の最後のワルツの旋律を楽譜で示す。

第4回は、2018年1月28日(日曜日)、 ティアラこうとう大ホールで行なう予定である。

ブラームスのピアノ協奏曲2016/12/25 23:20

藤原由紀乃独奏によるブラームスのピアノ協奏曲2曲を聴いた。オーケストラは東京アマデウス管弦楽団、指揮は川崎嘉昭、会場は第一生命ホール(トリトンスクエア)であった。

どちらも高校生の頃初めて聴いて、ブラームスの厚さと凄さを感じてとりこになっていたのだが、実演を聴くことはなかった。今回演奏会で聴いて、その厚さと凄さを実感した。

第1番は冒頭のティンパニのロールに圧倒される。この第1楽章は、おそらくピアノが冒頭で入らない協奏曲では最後のものだろう。それぐらいじらされるのだ。第2楽章、第3楽章も含めて、第1番はピアノとオーケストラの決闘という雰囲気が感じられる。ピアノはちょっとおぼつかない部分はあったけれど、オーケストラとの対決の力がみなぎっていた。

第2番は第1番よりお気楽であるが、力の持続はやはり必要である。クライマックスに行きそうで行かない、というべきだろうか。それとも複数あるクライマックスの尾根伝いを行くコースに例えるべきなのだろうか。第1楽章冒頭のホルン、第3楽章冒頭のチェロはまさにブラームスである。こちらのピアノにもあぶなっかしいところが聞こえてきたが、共同で大きなブラームス山に登っているという楽しさが伝わってきた。

アンコールはプロコフィエフの「トッカータ」。靭性の高い演奏だった。

ラフマニノフの交響曲第2番2016/10/31 23:59

最近やっと、ラフマニノフの交響曲第2番を聞いた。ロマンチックな緩徐楽章のメロディーが実にいい。パガニーニの主題による狂詩曲の第18変奏もそうだけれど、なんでラフマニノフはこんなにセンチメンタルな旋律を思いつくことができるのだろう。

誰だったかが、プロコフィエフの凄さをラフマニノフと比べていて月とスッポンだと言っていたが、それではラフマニノフに失礼である。

キリン・フィルハーモニー管弦楽団第6回定期演奏会2016/02/14 20:35

表記の演奏会に行ってきた。曲目ほかは次の通り

曲目

ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」より「行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」
      歌劇「イル・トロヴァトーレ」より「アンヴィル・コーラス」
      歌劇「椿姫」より「乾杯の歌」
チャイコフスキー:幻想的序曲「ロメオとジュリエット」
ベートーヴェン :交響曲第5番ハ短調Op.67「運命」

指揮: 岸本祐有乃
演奏: キリン・フィルハーモニー管弦楽団
共演: キリン合唱団

会場 なかのZERO 大ホール
日時 2016年 2 月 14 日(日曜日)
   13:30 開場、14:00 開演

実際には、このプログラムの前に大橋晃一作曲のKIRIN Fanfare が披露された。また、アンコールとしてチャイコフスキーの「花のワルツ」が演奏された。最後に、ビア樽ポルカが客席を巻き込んで管弦楽伴奏で歌われた。

演奏を聴いて、手堅いという印象をもった。崩れることがなく、安定していた。もちろん危ない箇所もあったけれど、手際よく進められていたので感心したのだった。

チャイコフスキーの曲はどれもかっこいいと再認識した。ハープが効果的に使われていたので、もっと聴きたいと願っていたらアンコールが花のワルツであった。これ以上はないというプログラムだった。

ベートーヴェンは一週間前に私がいるオーケストラでやったばかりでもあり、チェロバスの一挙手一投足に注目していた。やはり安定していた。この安定感を見習おう。

最後に、この演奏会にご招待して下さった K さま、紹介してくださった N さまに感謝します。

ベートーヴェン交響曲第5番Op.67 (1) テンポ2016/01/23 19:27

ベートーヴェンの交響曲第5番を考える。
今までは聴くだけだったのだが、今年は管弦楽団の一員としてチェロを弾く機会があったので、その体験を合わせて考えていく。

指揮者からは次のように言われている。
この4楽章とも、テンポはほとんど同じである。
正確に言えば、次の通りなのだそうだ。

第1楽章(四分の二拍子)2拍分=
第2楽章(八分の三拍子)1拍分=
第3楽章(四分の三拍子)3拍分=
第4楽章(四分の四拍子)2拍分

越谷市民交響楽団のコンサート2015/11/29 22:07

この日、越谷市民交響楽団のコンサートが行われたので聴きに行った。
http://koshikyou.s8.xrea.com/

チャイコフスキー 『スラブ行進曲 変ロ短調』
ドヴォルザーク 『チェロ協奏曲 ロ短調』
 チェロ独奏:夏秋 裕一
ベートーヴェン 『交響曲第7番 イ長調』

という、いかにも重いプログラムである。

スラブ行進曲は、昨今の情勢、つまりロシアとトルコの関係を思いながら聞いていた。最後のおちゃらけぶりは音楽だからいいのだけれど、これを演劇や美術でやって大丈夫だろうか、ということをふと思った。演奏は立派だった。

チェロ協奏曲のソリストは品のいいチェロの音色を奏でてくれた。特に第2楽章に感銘した。アンコールのバッハ無伴奏チェロ組曲第6番のガボットは苦労していたようだが、あれだけの長大な曲を弾き切ったのだから仕方なかろう。

交響曲第7番は、リズムを前面に打ち出した曲であり、聴く側からすればスリルあふれる演奏をつい期待してしまうが、指揮者はがっちりとした構成で初めから終わりまで通していた。4楽章の途中でスコアが指揮者の譜面台から落ちてしまったが、特に問題もなく最後まで弾き切ったのはあっぱれだった。

アンコールは、シューベルトのロザムンデ間奏曲だった。ベートーヴェンの興奮をさますにはよい選曲だったのではないか。

オーケストラ全体については、特に弱音の入りがきちんとあえばもっと良くなると思った。

日本IBM第26回定期演奏会2015/10/25 18:32

日本IBM第26回定期演奏会に行ってきた。
日時 2015/10/25 14:00
場所 すみだトリフォニーホール 大ホール
演目は次の通り。
・ニールセン 歌劇「仮面舞踏会」序曲
・グリーグ ピアノ協奏曲 イ短調
・シベリウス 交響曲第5番 変ホ長調

ニールセンは初めて聴く曲だった。けっこうコミカルで、これが仮面舞踏会の雰囲気なのだろう。
グリーグは田村響さんの独奏。実演でグリーグのピアノ協奏曲を聴くのは初めてかもしれない。音に厚みがあり、グリーグ節を堪能した。
シベリウスはエアチェック時代に何度もカセットテープで再生して聴いていたが、CD 時代になってからは実演もCDでも聴いていないので久しぶりだ。シベリウスの作品は、聴く人の心の奥底をとらえて離さないような雰囲気をもっている。今日のこの作品の演奏も、まさにそうだった。

アンコールは、前半グリーグのあとで田村さんによるショパンの華麗なる大円舞曲変ホ長調と、後半シベリウスのあとの、やはり同じシベリウスのフィンランディアであった。