日本音楽コンクールの課題曲にケチをつける2017/07/25 22:59

日本音楽コンクールの課題曲を見た(2017年度、第86回)
以下、引用する。

<引用ここから>

第1予選

次の(a)~(f)より1曲を選択し、演奏すること。
ただし、(f)の主題以外、繰り返しをしないこと。進行の都合で演奏をカットすることがある。

(a)Beethoven: 32の変奏曲 WoO .80
(b)Beethoven: 自作主題による6つの変奏曲 op.34
(c)Schubert: 即興曲集op.142、D.935より第3番
(d)Schumann: アベッグ変奏曲 op.1
(e)Brahms: 自作主題による変奏曲 op.21-1
(f)Brahms: パガニーニの主題による変奏曲第2集 op.35-2

第2予選

次の(a)~(c)を17~20分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

(a)Chopin、Liszt、Debussy、Rachmaninoff、Scriabin、Bartók 、Prokofieff、Ligeti、間宮芳生の練習曲より1曲を選び演奏する。
(b)Chopinの作品より1曲あるいは複数曲を、6分以上演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
(c)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
  Fauré、Debussy、Ravel

第3予選

次の(a)と(b)を35~45分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

(a)J. S. Bach(オリジナル曲)、Haydn、Mozart、Beethoven の作品から任意の1曲。
(b)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。
  Schubert、Chopin、Schumann、Liszt、Brahms、Franck

本選

下記のピアノと管弦楽のための作品の中から各自選択した1曲を演奏すること。

【Mozart】
Piano concerto No.9 E flat major K.271
Piano concerto No.20 D minor K.466
Piano concerto No.21 C major K.467
Piano concerto No.22 E flat major K.482
Piano concerto No.23 A major K.488
Piano concerto No.24 C minor K.491
Piano concerto No.25 C major K.503
Piano concerto No.26 D major K.537
Piano concerto No.27 B flat major K.595
【Beethoven】
Piano concerto No.1 C major op.15
Piano concerto No.3 C minor op.37
Piano concerto No.4 G major op.58
Piano concerto No.5 E flat major op.73
【Chopin】
Piano concerto No.1 E minor op.11
Piano concerto No.2 F minor op.21
【Schumann】
Piano concerto A minor op.54
【Liszt】
Piano concerto No.1 E flat major
Piano concerto No.2 A major
【Brahms】
Piano concerto No.1 D minor op.15
Piano concerto No.2 B flat major op.83
【Saint-Saëns】
Piano concerto No.2 G minor op.22
Piano concerto No.5 F major op.103
【Tchaikovsky】
Piano concerto No.1 B flat minor op.23
【Rachmaninoff】
Piano concerto No.2 C minor op.18
【Ravel】
Piano concerto G major
【Bartók】
Piano concerto No.3
【Prokofieff】
Piano concerto No.3 C major op.26

<引用ここまで>

なんでも、本選の協奏曲から下記の曲が削られたという。
・ラフマニノフ 協奏曲第3番
・ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲
・プロコフィエフ 協奏曲第2番

これらはロシア重厚ものであり、昨今のコンクール覇者はこれらの曲に偏りすぎるから、ということであった。

うーむ、どうなのかなあ。重厚ということならブラームスの2番なんて群を抜くしなあ。
それから、有名な協奏曲でも入っていないのがあるなあ(グリーグ)。どうしてだろう。バルトークは、なぜ3番だけなのだろう。モーツァルトの26番は、他に比べてちょっと劣るのになあ。

ブラームス:ヴァオリンとチェロのための協奏曲2016/09/11 21:10

二挺の弦楽器のための協奏曲は、特にドイツ・オーストリア系の作曲家による協奏曲はドッペル・コンチェルトと呼ばれることが多い。ドッペルと聞いて出てくるのは、古いほうだとバッハの「二つのヴァイオリンのための協奏曲」であり、近代だとこのブラームスの「ヴァオリンとチェロのための協奏曲」である。

久しぶりにこの曲を聞いてみた。オイストラフのヴァイオリンにフルニエのチェロである。第1楽章のいかにも力こぶをためています的な曲を経て、第2楽章の穏やかな表情をたたえた曲に至ると安心する。一部にソドレミが聞こえるのがブラームスらしい。オーケストレーションの巧みさなのだろうか、どこかオルガンがなっているかのようなところもあるのにびっくりした。
第3楽章は最も私が好きな楽章で、ヴァイオリンとチェロとオーケストラのからみあいが見事だ。

私がこの曲を実演で聞いたのは一度だけである。二十年以上前だと思う。徳永兼一郎・二男兄弟の演奏で、バックはどこかのアマチュアオーケストラだった。場所は学習院大学の記念会館正堂ではなかったか。言葉にできない迫力はいまだに覚えている。

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第4番2016/08/25 23:11

急にバッハのブランデンブルク協奏曲第4番を聴きたくなった。2本のリコーダーとヴァイオリンという組み合わせが絶妙で、バッハの曲の中では一二を争うほど好きな曲だ。

リコーダーはフルートに比べてのんびりしていて素朴という印象があるが、この曲では忙しいし機敏な動きが求められる。さらに忙しいのが独奏ヴァイオリンで、なぜこんなに無茶をやらせるのだろうとバッハに向かって文句を言わずにはいられない。きっと、リコーダーとの対比のために無理を承知で黒々とした音符を埋めたのだろう。

バッハにはこの曲の別バージョンであるチェンバロ協奏曲第6番がある。こちらは全音下げられたヘ長調になっていて、独奏ヴァイオリンの代わりをするのがチェンバロである。ヴァイオリンで苦労する個所はチェンバロではそれほどでもなく弾けるので、緊張感が少し落ちるのが残念なところだ。

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第4番ハ短調Op.442009/12/23 21:21

世評の高い、サン=サーンス作曲、ピアノ協奏曲第4番ハ短調Op.44を久しぶりに聞いてみた。

こう何というか、楽天的というか、長閑というか、チープでゴージャスな響きがする。真の底から好きになれるかというと踏みとどまってしまう。しかし、ピアノとオーケストラで遊ぶのが本当に好きなおじさんが、好きなように楽譜を書いた気分に満ち溢れているのは間違いない。モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、リスト、ラフマニノフなどの名技性が散りばめられていて、楽しい曲だ。

サン=サーンスには、ちょうど同じ調性の交響曲第3番ハ短調があり、雰囲気が似ている。特に、この交響曲もOp.44と同じように最後はハ長調の長大なフィナーレで結ばれるところがそっくりだ。

私が持っている音源は、グラント・ヨハネッセンのピアノ、ベルンハルト・コンタルスキーの指揮、ルクセンブルク放送オーケストラである。ピアノ、オーケストラともに少し粗雑だ。

ヒナステラ:ハープ協奏曲2008/02/11 18:54

ヒナステラらしさに溢れる、楽しい曲。ピアノソナタ第1番と並び、人気が高い。打楽器も大活躍する。
第1楽章:打楽器の喧騒から、憂いに満ちたハープの旋律が浮かび上がる。バックにときどきヒナステラのテーマ(ソファミソファミレ)が挿入される。
第2楽章:夜のしじまを思わせる美しい楽章。
第3楽章:五音音階の主題がハープとオーケストラのかけあいで展開される。

以下、戯言。
・日本のハープ奏者である吉野直子はたびたびこの曲を演奏している。あるときN響で競演したのだが、指揮者のサヴァリッシュは面食らっていたという。
・私はT教という宗教の門徒であるが、宗主T氏はヒナステラの大御所であり、このハープ協奏曲をギター協奏曲に編曲したという。完成したかは不明。