日本音楽コンクールの課題曲にケチをつける2017/07/25 22:59

日本音楽コンクールの課題曲を見た(2017年度、第86回)
以下、引用する。

<引用ここから>

第1予選

次の(a)~(f)より1曲を選択し、演奏すること。
ただし、(f)の主題以外、繰り返しをしないこと。進行の都合で演奏をカットすることがある。

(a)Beethoven: 32の変奏曲 WoO .80
(b)Beethoven: 自作主題による6つの変奏曲 op.34
(c)Schubert: 即興曲集op.142、D.935より第3番
(d)Schumann: アベッグ変奏曲 op.1
(e)Brahms: 自作主題による変奏曲 op.21-1
(f)Brahms: パガニーニの主題による変奏曲第2集 op.35-2

第2予選

次の(a)~(c)を17~20分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

(a)Chopin、Liszt、Debussy、Rachmaninoff、Scriabin、Bartók 、Prokofieff、Ligeti、間宮芳生の練習曲より1曲を選び演奏する。
(b)Chopinの作品より1曲あるいは複数曲を、6分以上演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
(c)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
  Fauré、Debussy、Ravel

第3予選

次の(a)と(b)を35~45分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

(a)J. S. Bach(オリジナル曲)、Haydn、Mozart、Beethoven の作品から任意の1曲。
(b)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。
  Schubert、Chopin、Schumann、Liszt、Brahms、Franck

本選

下記のピアノと管弦楽のための作品の中から各自選択した1曲を演奏すること。

【Mozart】
Piano concerto No.9 E flat major K.271
Piano concerto No.20 D minor K.466
Piano concerto No.21 C major K.467
Piano concerto No.22 E flat major K.482
Piano concerto No.23 A major K.488
Piano concerto No.24 C minor K.491
Piano concerto No.25 C major K.503
Piano concerto No.26 D major K.537
Piano concerto No.27 B flat major K.595
【Beethoven】
Piano concerto No.1 C major op.15
Piano concerto No.3 C minor op.37
Piano concerto No.4 G major op.58
Piano concerto No.5 E flat major op.73
【Chopin】
Piano concerto No.1 E minor op.11
Piano concerto No.2 F minor op.21
【Schumann】
Piano concerto A minor op.54
【Liszt】
Piano concerto No.1 E flat major
Piano concerto No.2 A major
【Brahms】
Piano concerto No.1 D minor op.15
Piano concerto No.2 B flat major op.83
【Saint-Saëns】
Piano concerto No.2 G minor op.22
Piano concerto No.5 F major op.103
【Tchaikovsky】
Piano concerto No.1 B flat minor op.23
【Rachmaninoff】
Piano concerto No.2 C minor op.18
【Ravel】
Piano concerto G major
【Bartók】
Piano concerto No.3
【Prokofieff】
Piano concerto No.3 C major op.26

<引用ここまで>

なんでも、本選の協奏曲から下記の曲が削られたという。
・ラフマニノフ 協奏曲第3番
・ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲
・プロコフィエフ 協奏曲第2番

これらはロシア重厚ものであり、昨今のコンクール覇者はこれらの曲に偏りすぎるから、ということであった。

うーむ、どうなのかなあ。重厚ということならブラームスの2番なんて群を抜くしなあ。
それから、有名な協奏曲でも入っていないのがあるなあ(グリーグ)。どうしてだろう。バルトークは、なぜ3番だけなのだろう。モーツァルトの26番は、他に比べてちょっと劣るのになあ。

河村尚子 ピアノリサイタル2017/01/14 17:13

南越谷サンシティホールで、河村尚子のピアノリサイタルを聴いた。曲目は以下の通り。

  • モーツァルト ピアノソナタ ヘ長調 K.332
  • メシアン 前奏曲集より「鳩」
  • ベートーヴェン ピアノソナタ第32番ハ短調 Op.111
  • ショパン 前奏曲集 Op.28

モーツァルトはあくまで軽く、心地良い流れの演奏だった。

メシアンはごく初期の作品でむしろドビュッシーの前奏曲集の香りがした。最後近くのオクターブが後の作品を予感させた。

ベートーヴェンは第一楽章の迫力と第二楽章の多様性が際立っていた。

ショパンの前奏曲集を通しで聞くのは別のピアニストでもあり、 今回が確か3度めである。河村さんはさすがの迫力であり、 第17番のクライマックスでの低音の厚み、 第24番でのたたみかける力には圧倒された。 ただ、私の好みの第5番が少し崩れてしまったのが残念だった。

アンコールはスカルラッティのソナタ ヘ長調 K.17 。 絶品であった。

ブラームスのピアノ協奏曲2016/12/25 23:20

藤原由紀乃独奏によるブラームスのピアノ協奏曲2曲を聴いた。オーケストラは東京アマデウス管弦楽団、指揮は川崎嘉昭、会場は第一生命ホール(トリトンスクエア)であった。

どちらも高校生の頃初めて聴いて、ブラームスの厚さと凄さを感じてとりこになっていたのだが、実演を聴くことはなかった。今回演奏会で聴いて、その厚さと凄さを実感した。

第1番は冒頭のティンパニのロールに圧倒される。この第1楽章は、おそらくピアノが冒頭で入らない協奏曲では最後のものだろう。それぐらいじらされるのだ。第2楽章、第3楽章も含めて、第1番はピアノとオーケストラの決闘という雰囲気が感じられる。ピアノはちょっとおぼつかない部分はあったけれど、オーケストラとの対決の力がみなぎっていた。

第2番は第1番よりお気楽であるが、力の持続はやはり必要である。クライマックスに行きそうで行かない、というべきだろうか。それとも複数あるクライマックスの尾根伝いを行くコースに例えるべきなのだろうか。第1楽章冒頭のホルン、第3楽章冒頭のチェロはまさにブラームスである。こちらのピアノにもあぶなっかしいところが聞こえてきたが、共同で大きなブラームス山に登っているという楽しさが伝わってきた。

アンコールはプロコフィエフの「トッカータ」。靭性の高い演奏だった。

10の前奏曲Op.232016/07/31 18:30

ラフマニノフの前奏曲全24曲を弾いてみる無謀な試みを以前記した。私にとってのラフマニノフの前奏曲は Op.32 のほうがなじみ深く、Op.23 のほうはあまり知らない。もちろん、有名なト短調や、ニ短調、ハ短調のがあるのはOp.23 のほうだ。録音の数もOp.23のほうが Op.32 のほうを凌いでいるだろう。それでも、私は Op.32 のほうから仕上げてしまいたい。

バッハの無伴奏バイオリンパルティータの編曲2016/06/30 23:39

敬愛するピアノ奏者のM氏によると、3大ピアノ編曲(トランスクリプション)は、ラフマニノフによるバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータホ長調とブゾーニによるバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータニ短調のシャコンヌ、そしてあと一曲なのだそうだ。あとひとつは忘れた。原曲をバッハに限っていたのかはわからない。もしバッハに限っていたなら、ゴドフスキーによる無伴奏ヴァイオリンのためのソナタト短調が来るのかもしれない。

さて、このラフマニノフの編曲は、なんといっても清々しい。前奏曲はヴァイオリン原曲は結構速いのだが、ピアノ編曲になると音が増すためか原曲よりは遅めになってしまう。ピアノでもなるべく速い演奏が好みである。もちろん、途中で崩壊しないことが前提だ。

スヴェインビョルンソンのヴィキヴァキを聴く2016/01/01 22:32

スヴェインビョルンソンという人が作曲したヴィキヴァキという曲を聴いた。表題からしてもっとはじけた曲かと思ったら、ごく普通の2拍子の舞曲であった。去年の暮、紹介してくれた若者がいなかったら、俺もこんな曲知らないうちに死んでいただろう。

それはともかく、俺ももっと変な作曲家の変な曲を掘り当てないと。

13の前奏曲Op.322015/12/31 10:26

ラフマニノフのピアノ曲を練習している。いままで食わず嫌いだったロシアの音楽に親しみたいからだ。

最近知り合った若者は、ラフマニノフが好きだがショパンは嫌いだという。その理由は、割り切れない小さい音符が嫌だ、というものだった。なるほど。

俺は若者に、「俺は音階やアルペジオが苦手だからラフマニノフは弾けない」とこぼしたら、「ラフマニノフは音階やアルペジオはそれほどないですよ」と返された。確かにそうだ。ということは食わず嫌いなのだろう。

昔から少しずつ練習しているのは Op.32 のごく一部の曲である。それならば毒を食らわば皿まで(ラフマニノフは毒なのか?)、全曲に挑戦してみることにした。

ちなみに、人によっては、Op.3-2 の嬰ハ短調、Op.23の10の前奏曲集を合わせて24の前奏曲集としていたり、さらに24曲に通して番号をふったりしているが、私はそれぞれの作品番号の通し番号を使う。

アルベニス「アスレーホス」2015/03/20 00:04

アルベニスのピアノ曲には、あるときから急に心惹かれてきた。そしていつしか、あの「イベリア」12曲と、「ラ・ベーガ(草原)」、「ナバラ」、そして「アスレーホス」を制覇したいともくろむようになった。

アスレーホスAzulejos とは艶のあるタイル(複数)のことだ。この名前の通り、小さくきらびやかなタイルのような音楽の素がさまざまに変容していき、大きな伽藍を作っていくような作品である。

全体はイベリアのへレスのおおらかさに近いものが、ほかのイベリアの作品、たとえばエル・アルバイシンにも通じる空虚さも見られる。

それにしてもどうすれば、こんな作品が作れるのだろう。感心するばかりだ。

もっとも、感心してばかりではいけない。この曲を弾いてみて、つかんでみたい。幸い、昔はイベリアの第4集は練習をしたことがある(それにしてもこの第4週はイベリアの中でも行ってしまっている3曲だ)。楽譜を買うのがいいのだろうが3年前アカデミアで見たら高かったことは未だに覚えている。

しかし、イベリアの第4集を練習したのは、高くておまけに engraving の汚い楽譜を買ったからで、元を取らないといけないとせっぱつまったからだった。実際には、公衆の面前で一部を弾いただけで金をとったわけではないが、金を惜しんでいたらたぶん練習しなかっただろう。というのは、ほかの3集はコピーをしただけで、ほとんど練習しなかった。

ということは、アスレーホスも楽譜を買うべきなのだろうが、老後に備えて金は蓄えておきたい。どうしよう。困ったことだ。

テリー・ライリー:インC2015/02/15 19:33

これもミニマルミュージックである。最初はC(ド)の音しか聞こえないから最後までこの調子でやられてはかなわないな、と心配した。もちろん、徐々にド以外の音が聞こえてきたので安心したが、やはりドの音はどこかで響いている。

しかし、これはなんだかおもちゃを散らかしたみたいな曲だな、というのが最後まで聴いたときの感想だ。

スウェーリンク 幻想曲 ニ調2014/08/02 12:12

スウェーリンクはオランダの作曲家である。この人の名前を最初に知ったのは「わが青春は過ぎ去りぬ」という曲を作った人としてだった。
その次に知ったのが、グールドのバード&ギボンズ作品集に入っていた曲の作者としてだった。ボーナストラックに入っていたこの幻想曲ニ調には驚いた。どう驚いたか、まとめてみたい。