ハイドンの協奏交響曲変ロ長調を聴く2020/11/17 21:30

ハイドンの協奏交響曲変ロ長調Hob. I:105 を聴いた。ハイドンに協奏交響曲(シンフォニろア・コンチェルタンテ)があるとは迂闊にも知らなかった。たまたま家にあったハイドンの CD を見たら、交響曲を集めた CD 群にこれが紛れ込んでいた。

この協奏交響曲は、ヴァイオリン、チェロ、オーボエ、バスーン(ファゴット)が独奏楽器として活躍する。管楽器と弦楽器から、高音域担当と低音域担当を選んだのだろう。この楽器の選び方が、なぜかおかしい。独奏もきらびやかだ。チェロの独奏部を聴くとハイドンのチェロ協奏曲を思い出す。同じ作曲家だから、当然か。

ともあれこんな面白い曲があるとは知らなかった。なんにせよ、生きてきてよかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://marinkyo.asablo.jp/blog/2020/11/16/9316837/tb