ハイドン 交響曲第95番ハ短調を聴く2020/11/12 23:00

ハイドンの交響曲第95番ハ短調を聴いた。モーツァルトの短調が珍しいように、ハイドンの短調も珍しい。この曲は第3楽章と第4楽章が面白い。第3楽章のトリオでは突然チェロの独奏が披露される。第4楽章はハ長調で途中でフーガが始まる。そして終わり方がなんとなくモーツァルトの交響曲第41番ハ長調と似ている。

ハイドンのことを書いてきて、そういえば、ハイドンの交響曲が弾けるアマチュアのオーケストラはほとんどないのだろう、と思いため息をついた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://marinkyo.asablo.jp/blog/2020/11/16/9316805/tb