日本音楽コンクールの課題曲にケチをつける2017/07/25 22:59

日本音楽コンクールの課題曲を見た(2017年度、第86回)
以下、引用する。

<引用ここから>

第1予選

次の(a)~(f)より1曲を選択し、演奏すること。
ただし、(f)の主題以外、繰り返しをしないこと。進行の都合で演奏をカットすることがある。

(a)Beethoven: 32の変奏曲 WoO .80
(b)Beethoven: 自作主題による6つの変奏曲 op.34
(c)Schubert: 即興曲集op.142、D.935より第3番
(d)Schumann: アベッグ変奏曲 op.1
(e)Brahms: 自作主題による変奏曲 op.21-1
(f)Brahms: パガニーニの主題による変奏曲第2集 op.35-2

第2予選

次の(a)~(c)を17~20分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

(a)Chopin、Liszt、Debussy、Rachmaninoff、Scriabin、Bartók 、Prokofieff、Ligeti、間宮芳生の練習曲より1曲を選び演奏する。
(b)Chopinの作品より1曲あるいは複数曲を、6分以上演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
(c)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
  Fauré、Debussy、Ravel

第3予選

次の(a)と(b)を35~45分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

(a)J. S. Bach(オリジナル曲)、Haydn、Mozart、Beethoven の作品から任意の1曲。
(b)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。
  Schubert、Chopin、Schumann、Liszt、Brahms、Franck

本選

下記のピアノと管弦楽のための作品の中から各自選択した1曲を演奏すること。

【Mozart】
Piano concerto No.9 E flat major K.271
Piano concerto No.20 D minor K.466
Piano concerto No.21 C major K.467
Piano concerto No.22 E flat major K.482
Piano concerto No.23 A major K.488
Piano concerto No.24 C minor K.491
Piano concerto No.25 C major K.503
Piano concerto No.26 D major K.537
Piano concerto No.27 B flat major K.595
【Beethoven】
Piano concerto No.1 C major op.15
Piano concerto No.3 C minor op.37
Piano concerto No.4 G major op.58
Piano concerto No.5 E flat major op.73
【Chopin】
Piano concerto No.1 E minor op.11
Piano concerto No.2 F minor op.21
【Schumann】
Piano concerto A minor op.54
【Liszt】
Piano concerto No.1 E flat major
Piano concerto No.2 A major
【Brahms】
Piano concerto No.1 D minor op.15
Piano concerto No.2 B flat major op.83
【Saint-Saëns】
Piano concerto No.2 G minor op.22
Piano concerto No.5 F major op.103
【Tchaikovsky】
Piano concerto No.1 B flat minor op.23
【Rachmaninoff】
Piano concerto No.2 C minor op.18
【Ravel】
Piano concerto G major
【Bartók】
Piano concerto No.3
【Prokofieff】
Piano concerto No.3 C major op.26

<引用ここまで>

なんでも、本選の協奏曲から下記の曲が削られたという。
・ラフマニノフ 協奏曲第3番
・ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲
・プロコフィエフ 協奏曲第2番

これらはロシア重厚ものであり、昨今のコンクール覇者はこれらの曲に偏りすぎるから、ということであった。

うーむ、どうなのかなあ。重厚ということならブラームスの2番なんて群を抜くしなあ。
それから、有名な協奏曲でも入っていないのがあるなあ(グリーグ)。どうしてだろう。バルトークは、なぜ3番だけなのだろう。モーツァルトの26番は、他に比べてちょっと劣るのになあ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://marinkyo.asablo.jp/blog/2017/07/25/8627569/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。