TIS インテックグループ楽友会 アンサンブル大会2017/06/03 23:59

ブラームスの三重奏曲
私はTIS インテックグループ楽友会というところに所属している。ここではチェロを弾いているのだが、年に一回お遊びっぽいアンサンブル大会をしている。あくまで内輪だから人を呼ぶことは(ほとんど)していない。

さて今年はというと、チェロで参加しただけでなく、ピアノでも初参加したのだった。楽友会は管楽器のほうがどちらかというと多く、実際にアンサンブルも管楽器主体なのだが、今回はピアノをやらせてくれと若人二人に声をかけて、ブラームスのホルン三重奏曲に挑戦することにした。緩ー急ー緩ー急の4楽章構成で、一団体当たり持ち時間は10分以内だからどれにするか迷った。俺が覚えているのは第2楽章と第4楽章なので、第4楽章をやってみることにした。

いざさらってみたらこれが難しいの何の。何度も諦めたが言い出しっぺだから引くわけにはいかない(し弾かなければいけない)。

本番はどうだったかというと、展開部の終わりのあたりで事故が起こった。バイオリンが休んで、ピアノとの掛け合いでホルンがロングトーンでのどかな感じを醸し出す絶好のフレーズがあったのだが、そのあたりでアンサンブルが乱れてしまった。ホルニストは本当に悔しがっていた。私も、そのホルンのただならぬ雰囲気を感じ取ってしまいよろけてしまったのでいわゆる正帰還の不安定モードに突入してしまったのだろう。

ちなみに、そのときの写真はこんな感じでした。場所は高島平であった。

うぐいすの会2017/06/10 15:48

うぐいすの会の練習に千葉まで行ってきた。ピアノの伴奏に行ってきた。

越谷市民交響楽団の演奏を聞きに行く2017/06/10 22:51

越谷市民交響楽団の演奏を聞きに行った。

イッポリト・イワーノフの「コーカサスの風景」は終曲は有名だが、その他の曲はあまり聴いたことがない。このたび聞いて、ヴィオラが絶品だった。

チャイコフスキーの「悲愴」は、昔ピアノ連弾でも取り組んだから面白かった。第1楽章の展開部前のところは、オリジナル通り、ファゴットでやっていたからppより小さくはなっていなかったように思う。

でも、オーケストラっていいですね。ぼくはうまくないから入れないけれど。